2021/11/23 09:01

平成後期生まれに「〇〇」という言葉は死語…→ネット民「笑われました」「マジですか」

下駄箱Amazon

昔の人が履いていた「下駄」をしまうのは「下駄箱」ですが、靴を履くようになっても「下駄箱」という言葉は使われます。

でも最近の子には通じないことも…
Twitterでは、こんなツイートが話題です。
「昭和生まれ〜平成中期生まれの皆さん、聞いて下さい。
「下駄箱」という言葉を平成後期生まれのうちの子は知りませんでした。
今は「靴箱」との事。
「下駄箱」だと、ハンガーの事を「えもんかけ」と言うおばあちゃんと同じような扱いになるかもしれません。※老婆心ではありますが念のため呟きました」

なるほど…
「下駄箱」のほかにも、「筆箱」「乳母車」「えもんかけ」「帳面」「便所」「ちり紙」なども死語になりつつあるかもしれません。

また、ほとんど使われなくなったり別の言葉に変わった例としては、「アベック → カップル」「とっくりセーター → タートルネック」「魔法瓶 → ポット」「パーマ屋 → サロン」などが挙げられます。いま当たり前に使われている言葉も、いずれ死語になるものもでてくるのでしょう!

いまトピが伝えています。

平成後期生まれに「下駄箱」という言葉は通じない…!?→ネット民「笑われました」「マジですか」 - いまトピ平成後期生まれに「下駄箱」という言葉は通じない…!?→ネット民「笑われました」「マジですか」 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部