2021/11/22 08:50

ディズニーランド「子供から〇〇を奪って捨てた」突然、警備員たちに取り囲まれて…「行き過ぎた対応」衝撃

ミッキーAmazon

先日、アメリカのカリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドを訪れた親子に対して、同パークの警備員が“行き過ぎた対応”をしたことが波紋を呼んでいる。

母親によると、彼女の4歳と6歳の子供たちはディズニーランドのキャストが大好きで、ディズニーランドへ行くときはキャストの制服とそっくりなチェックの服に、キャストとおそろいの名札を付けていくのが定番だったという。

とある日に突然、ディズニーランドの警備員たちに取り囲まれ、子供たちが付けていた名札を没収されたあげく、目の前でゴミ箱に捨てられ、退園することを命じられたという。

たしかに、アメリカのディズニーランド及びディズニーワールドにはドレスコード(服装規定)があり、ハロウィンのように仮装がメインのイベントが行なわれているシーズンなどを除いて、14歳以上の“大人”がコスプレをして入園することを許可していない。

ただし、今回注意を受けた子供たちは2人とも13歳以下だった。つまり、ルール適用外ということ。ルール上、13歳以下の子供たちは1年中いつでもコスチュームを着ることができるため、ディズニーランド側も警備員の対応が問題にあったことを認めている。

以上、フロントロウからお届けしました。

ディズニーランド、従業員が子供から「奪って捨てたもの」が波紋を呼ぶ - フロントロウ -海外セレブ&海外カルチャー情報を発信ディズニーランド、従業員が子供から「奪って捨てたもの」が波紋を呼ぶ - フロントロウ -海外セレブ&海外カルチャー情報を発信

編集者:いまトピ編集部