2021/10/27 08:58

お風呂の「追いだき」と「お湯張り」安くなる裏ワザに目からウロコ...夏なら〇〇冬は〇〇の方が「めっちゃお得」ネット民「マジでためになる」

お風呂

いま、ネットではこんな投稿が話題になっています。

『教えてやろう、凡骨…「追いだき」と「お湯張り」はどちらが得か!200Lの浴槽で1度上げるには約3.2円。水温が15度まで下がったとすれば、40度まで上げるには80円かかる。一方お湯張りは一回約65円。夏ならば追いだきだが、冬はお湯張りの方が得だ!そしてオレにこんな事を言わせるな!』

●ネットの声
・室温(それも冬場の)の浴槽に40℃のお湯を入れ始めて、規定量になるころには湯温40℃を保てるのですか?浴槽の冷たさが温度をどんどん下げていくような気がするんですが

・お湯張りが定額65円なのがよく分からん。これは所謂ALL電化で高温のお湯が電気の安い夜中に貯められている前提の話なのかな?
ガスの場合は、冬場は水道水が残り湯より冷たいのでお湯がでるまで時間も掛かりガスも多く使う。なので冬は追い炊きの方が安いハズ。

・余談ですが100度のお湯を安く作るなら水をヤカンで沸かすより、給湯を60度にしてお湯を出してから沸かした方が方がガス代が安くなったりするのよね

・おぉ〜地味に気になった事あったから嬉しいです。
どうもありがとうございました。

・割とマジでためになる話なんだよなぁ…

などさまざまな声が寄せられています。家庭環境により違いはあるのかもしれませんが、是非参考にしてみてくださいね。以上、いまトピが紹介しています。

お風呂の「追いだき」と「お湯張り」、どちらが得か計算した結果がコチラ…→ネット民「マジでためになる」 - いまトピお風呂の「追いだき」と「お湯張り」、どちらが得か計算した結果がコチラ…→ネット民「マジでためになる」 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部