2021/10/26 14:19

朝に「アレを食べるだけで痩せ体質に」

朝

毎日の朝食にあるものを取り入れるだけで、その後の食事で太りにくくすることが期待できるのです。それは「セカンドミール効果」と呼ばれ、食物繊維を多く取り入れた食事を朝食に摂ることで、次の食事である昼食(=セカンドミール)時の血糖値の上昇を抑えられることがわかっています。とは言え、朝は簡単に食べられるおにぎりやパンだけ、という人もいると思いますので、作り置きしておくがのおすすめです。おすすめする作り置きの内容は、前述のとおり食物繊維とタンパク質が含まれていること。そして、簡単な材料でつくることができ、パンやごはんに合わせやすいことです。重量に対して栄養価が高い食材には、切り干し大根、グリンピース、枝豆、かぼちゃ、ブロッコリー、ナッツなどがあり、食物繊維とタンパク質以外にも不足しやすいミネラルやビタミンを幅広く含んでいます。是非取り入れてみて下さい。「サンキュ!」が紹介しています。

 【管理栄養士が解説】朝食に1品取り入れるだけで痩せ体質に!?すぐに実践できる簡単レシピもご紹介 | サンキュ! 【管理栄養士が解説】朝食に1品取り入れるだけで痩せ体質に!?すぐに実践できる簡単レシピもご紹介 | サンキュ!

編集者:いまトピ編集部