2021/10/25 13:57

マクドナルド「出来立てポテト」を注文すると「ポテトを揚げ直すのではなく…」衝撃の真実「不適切すぎる」「やばすぎ」

フライドポテトAmazon

マクドナルドの従業員が、出来たてポテトに関する衝撃の対応動画をTikTokに公開し話題。

出来たてポテトといえば、揚げた瞬間そのまま提供される……イメージです。
その後、一定時間を経過すると、ウエスト(捨てる)こととなります。およそ7分程度ですが、その時間ギリギリの状態のポテトは、ある意味「ハズレ」です。

そんな「ハズレ」を引きたくない客は、出来たてポテトを要求できます。
もちろん、冷めたポテトは要りませんので当然ですが、なんと衝撃の対応が海外のマクドナルドの従業員によって公開されました。

「出来たてポテトを要求されたら、こうしてやるわ」のタイトルでTikTokに投稿。
ポテトを揚げ直す…のではなく、冷めてしまったポテトをおもむろにバスケットに詰め込み、再度加熱。そうすることで、表面上は確かにアツアツに。作り直しではなく、これはある意味「温め直し」
もちろんこの方法は、マクドナルドのマニュアルにありませんし、こちらのクルーのやり方は不適切です。

日本でも、冷たくなったポテトは、返品することが可能です。もちろん作り直しです。あきらめず、新しいものに取り替えてもらいましょう。

以上、秒刊SUNDAYからお届けしました。

マクドナルドで、出来たてポテトに関する衝撃の真実の動画が話題に | 秒刊SUNDAYマクドナルドで、出来たてポテトに関する衝撃の真実の動画が話題に | 秒刊SUNDAY

編集者:いまトピ編集部