2021/10/25 09:17

「仕事の打ち合わせ」に誰もが抱いていた違和感・・・その正体に共感の声相次ぐ「まじで分かるし自分も気をつけたい」

会社

ビジネス用語の中には、「それ日本語で言った方が早くね?」と思わずツッコミたくなってしまうものや、「正確な意味はよく分からないけど、響きがカッコ良いから多用したくなる」といったタイプのものなど、多種多様なフレーズが存在する。

現在ツイッター上では、とある「3文字のビジネス用語」に抱いた違和感に関するツイートが話題となっているのだ。

■確かに便利でよく使うが…

注目を集めているのは、イラストレーター・爆発電波さんが投稿した一件のツイート。

本文には「『ミーティング』のこと『MTG』って書くらしいけど『マジックザギャザリング』って読んでしまうから普通に『ミーティング』って書いてほしい」と、世のカードゲーマーたちが、一度は考えたことがあるであろう主張がつづられていたのだ。

■「ずっと感じてた」と共感相次ぐ

件のツイートは投稿からわずか数日で1.2万件以上ものRTを叩き出しており、他のユーザーからは「分かる。最近やっと慣れた」「これ社会人になってからずっと感じてたんだよな」といった共感の声が続出。

というのも、世界的に人気のカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』には様々な略称があり、ここ日本では「マジック」や「ギャザ」といった呼び名のほか、「MTG」という表現が主流となっているのだ。

■勘違い勢のエピソードがエモすぎる…
「ミーティング」のこと「MTG」って書くらしいけど「マジックザギャザリング」って読んでしまうから普通に「ミーティング」って書いてほしい

とはいえ、いつ頃からこちらの「MTG」が「マジック:ザ・ギャザリング」に見えてしまったのかは全く記憶がなく…ツイート投稿主・爆発電波さんに話を聞いてみても、やはり「結構前からだと思いますが…はっきりこの時期、というのはないですね」という回答が返ってきた。

なお寄せられたリプライを見ると「新卒のときに勘違いしていた」という意見が非常に多く、「新卒の頃、会議室の予定に『MTG』って書いてあるの見て、ギャザが流行ってるなんて珍しい会社だなと思った」「『えっ、カードバトルですか!?』ってワクワクしてた」など、じつに微笑ましいエピソードも散見されたのだ。

さらには「昼休みに『MTG』ってスケジュール入れて会議室予約して、先輩とデュエルしたこと思い出して泣いた」という猛者も確認でき、思わずエモい感情が沸き起こってしまった。

■まだまだある略称「MTG」

一方で「ミーティング」を「MTG」と略すこと自体に違和感を覚えている人も多く、確かに「会議」と略した方が簡潔かつ文字数も少なく済む。また文字表記だけでなく、言葉に出す際も「エムティージー」という読み方をそのまま使用している人に対しても、疑問の声が寄せられていた。

ちなみに「宮城トヨタグループ」「マウンテンゴリラ」「松茸ごはん」「幕張テクノガーデン」なども「MTG」と略すことが可能なため、会社のスケジュールで「MTG」を確認した際は、しっかり意味を確認してからデュエルに挑もう。

以上をしらべぇが紹介しています。

仕事の「MTG」に誰もが抱いていた違和感… その正体に共感の声相次ぐ – Sirabee仕事の「MTG」に誰もが抱いていた違和感… その正体に共感の声相次ぐ – Sirabee

編集者:いまトピ編集部