2021/10/22 18:13

「女子大学生がアレを食べて窒息死」危険すぎる行為に「死亡するケースが後を絶たない」「絶対に気を付けて」

早食い

アメリカ・マサチューセッツ州の大学で生物心理学を専攻していたマデリン・ニクポンさん(20)。そんなマデリンさんが、先日ほかの学生たちと一緒に寄付金集めのイベントに参加。ホットドッグの早食いかつ大食いを競う大会に参加したが、その最中に突然苦しみだし、ほどなくして意識を失った。ホットドッグを喉につまらせたのだと気づいた関係者は、すぐに救急車を呼び助けを待った。マデリンさんは救急車で病院に搬送されたが、そちらでの治療に限界があったのか、その後ボストンにある別の病院に転院。しかし医療チームの努力も叶わず、息を引き取った。ホットドッグを喉に詰まらせてから、わずか1日。元気で誰からも愛されたマデリンさんは、20歳の若さでこの世を去った。アメリカでは早食い・大食い大会が人気だが、参加者が死亡するケースが後を絶たないそうだ。イベントとしては盛り上がる企画だとしても、命を危険にさらすほど加熱させてはならない。と「しらべぇ」が紹介しています。

人気者の女子大学生がホットドッグ早食い大会で窒息死 3000人が哀悼の意 – Sirabee人気者の女子大学生がホットドッグ早食い大会で窒息死 3000人が哀悼の意 – Sirabee

編集者:いまトピ編集部