2021/10/13 14:52

〇〇な部屋の人は『お金が貯まらない』

部屋

サンキュ!では、「汚部屋に住んでいるとなぜお金が貯まらないのか?」を元汚部屋の住人で、現在は節約シンプリストの方が紹介しています。

【理由1】家の中の物を把握できないから
家の中に物が多い状態だと、何をいくつ持っているのか把握しづらくなります。ストックがあるにも関わらず、存在を忘れてダブり買いをする…本来なら必要のない小さな出費が、積もり積もって大きな出費になってしまいます。さらに余計な物が増えて管理ができなくなるという悪循環も。家を片付けて物量をコントロールすると、お金が自然と残るようになるそうです。

【理由2】家にいるのがイヤになるから
家の中が汚いと居心地が悪くなり、結果として家にいなくなり、お金を使う行動に結びついてしまうそうです。

【理由3】考えることが面倒になるから
家の中に物が多いと、それだけで視覚情報が増えます。そこにテレビやラジオ、ネット動画を流していたら、頭の中が混乱状態に。それを毎日続けていると、片付ける気力や家計のことを考える気力が奪われてしまいます。一日の中で過ごす時間の長いリビングだけは、できるだけ物を置かないようにしてみましょう。

【理由4】自分の欲求を抑えるのが苦手になるから
どんどん物を増やしてしまう原因の一つに「自分を良く見せたい」という気持ちがあるそうです。汚部屋に住んでいると、どんどん意識が外に向かっていきます。家を自力で片付けてからは「自分で綺麗な環境が作れた」と、それだけで自己肯定感がアップ。段々と意識が外から内に変わっていったそうです。

【最後に】
片付けが苦手な人にとっては、最初の一歩が中々踏み出せませんよね。まずは片付けやすい自分の持ち物から整理をして、弾みをつけてみてはいかがでしょうか。

余った餃子の皮とチーズのアレンジレシピ、簡単なのに絶品すぎてつまみに最高! | 秒刊SUNDAY余った餃子の皮とチーズのアレンジレシピ、簡単なのに絶品すぎてつまみに最高! | 秒刊SUNDAY

編集者:いまトピ編集部