2021/9/27 15:31

おでんの具を煮込む代わりに祖母は…続く展開に恐怖を覚えた「実在したのか」「命に関わる」

おでん

大山 格(@itaru_ohyama)さんが投稿した、自身の祖母とのエピソードに注目が集まっています。

『メシマズの人って、祖母がそうだったけど、手順に従わないで手を抜こうとするなんてのは序の口で、余計なことするからダメ。おでんの具に色がつくぐらい煮込むなんて絶対無理で、小学生だったわしの机をあさって水彩絵の具で色をつけてたからね。開き直って「腹に入ればいっしょ」はカワイイものよ。』
『メシマズな人は、うまいメシが憎いんだよ。友人達と外で贅沢な食事をして帰ってくることはあったけど、なにが美味かったっていってるのを聞いたことがない。あれは高いモノ喰ったという見栄を楽しんでるんだ。味なんかどうでも良いのよ。母の死後かつ祖母の存命中の十年で、わが家庭は崩壊した。』

上記の言葉からも根深い問題であることがうかがえますが…食卓に出るおかずは、家族の健康を考えた品であってほしいですね。

みんなの反応
●料理に絵の具で色をつけるって人、噂に聞いたことはありましたが実在しましたか
●父方の祖母もメシマズだった。吐き気をもよおす米とか普通に出してきてた
●メシマズの人、考えなしに「人の健康や命に関わる」地獄アレンジ加えてきたりするんですよね…

頭を抱えるようなお話に、他のユーザーたちからも大きな反響が寄せられていました。以上、BUZZmagよりご紹介しました。

おでんの具を煮込む代わりに祖母は…続く展開に恐怖を覚えた | BUZZmagおでんの具を煮込む代わりに祖母は…続く展開に恐怖を覚えた | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部