2021/9/26 14:35

育ちの差が出る「パンの食べ方」知らなかった...

パン

テーブル席の隣の方が間違えて私のパンを…対処法は?

パーティなどのテーブル席で、隣同士が近いときがあります。そのようなとき、「お隣の方が間違えて私のパンを召し上がりました」または、「お隣の方がグラスを間違えられました」ということが案外多いのです。

自分から見て、左側にある皿が自分のパン皿で、右側にあるグラスが自分のグラスです。
もし、隣の方が間違えていることに気づいたら、サービスの方を呼んでパン皿なり、グラスなりを持ってきていただきましょう。

1口大にちぎっていただく

また、パンのいただきかたの注意点として、「一回一口でいただく」ことがあげられます。まるごとかぶりついたりするのはレディにあらずです。

両手でちぎり、左手のパンはパン皿に戻し、一口サイズのパンを右手に持ち、1回1口でいただきます。右手でパンを頂く理由は、左手を不浄の手とする国や宗教への配慮のためですので、覚えておきましょう。

遠くにバターがある場合は取っていただき、戻す
近くの方に声をかけてお願いするのがマナー

バターは近くのバタークーラーからバターナイフでパン皿に取り、パンにつけていただきます。遠くにバターがある場合は、近くの方にお願いして自分の前まで持ってきます。取り終えたら、元に戻します。パンくずは手で取らずにそのままにしておきます。

以上をOTONA SALONEが紹介しています。

育ちの差が出る「パンの食べ方」。覚えておきたいテーブルマナー|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ育ちの差が出る「パンの食べ方」。覚えておきたいテーブルマナー|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ

編集者:いまトピ編集部