2021/9/23 12:31

「洗濯」は朝じゃなくて「あの時間」にするのが本当はいい「いいことだらけ」「一番汚れが落ちてお得にもなる」

洗濯

時短&効率アップ!いいことだらけの夜洗濯のすすめ!

ということで、夜洗濯の気になるあれこれを、時短家事コーディネーターのプロに聞いてみました。
夜洗濯は、家族がお風呂に入り終わったあとにスタートしましょう。
そうすることで、残り湯が温かいうちに使えるので一番汚れ落ちがいい状態で洗うことが可能になるそうです。
脱いだ服や使ったタオルなどをすぐ洗うことができ、雑菌や嫌なにおいの繁殖を防げるのもポイント。
他にも、
・比較的時間に余裕のある夜に洗濯することで、忙しい朝の家事を減らせる点
・夜洗濯したあと部屋干しするなら、天気を気にせず干せる
・住んでいる地域や契約している電力プランによっては、夜間の電気使用料が安くなるケースもあるので電気料金がお得に
というメリットもあります。
夜洗濯の一番の問題は、どこにどう干すか。
外干しすると、急な雨や夜露などでぬれたり、強風で飛ばされたり、夜行性の虫が卵を産みつけるといったリスクがあるので注意が必要です。
ポイントは家の中の風通しのいい場所に干すこと。窓やドアの位置、エアコンの風向きなどを考え、家の中で一番風通しのいい場所を見極めて干すようにしましょう。
部屋干しの際は扇風機やサーキュレーターなどを活用し、衣類に風が当たるようにすると早く乾かすことができ、嫌な生乾き臭を抑制できます。
夜干しのメリットをたくさん紹介してきましたが、もちろんデメリットもつきもの。
・外干しがしにくく、冬場は室内干しでは乾きにくい
・夜間の洗濯機の音が近所迷惑になる可能性がある
以上の2点は気を付けましょう。

ぜひ参考にしてください。
以上、サンキュ!からお伝えしました。

 時短&効率アップ!いいことだらけの夜洗濯のすすめ | サンキュ! 時短&効率アップ!いいことだらけの夜洗濯のすすめ | サンキュ!

編集者:いまトピ編集部