2021/9/21 22:25

「十五夜」のお月見を楽しむには・・・

月

十五夜とは、旧暦の8月15日を指します。いまの暦では9月で、10月になる年も。「中秋の名月」ともいわれますが、その名の通り、季節の真ん中である秋のひと月の、さらに真ん中である日の「月」を愛でる日の夜のことです。十五夜の日の夜は、団子だけではありません。Instagramでは「#お月見ごはん」のハッシュタグがあり、みんな思い思いのメニューを投稿しているようです。例えば、お月見とかけた「温玉のせハンバーグ」、ポテトサラダを団子風にする「お団子ポテサラ」、うさぎの眼と耳がついた「うさぎおにぎり」など、お月見にちなんだ可愛いメニューがたくさん!これらを参考に、今年の十五夜はお月見を今風に楽しんでみてはいかがでしょうか。とアサジョが紹介しています。

「十五夜」のお月見を“今風”に楽しむアイデア – アサジョ「十五夜」のお月見を“今風”に楽しむアイデア – アサジョ

編集者:いまトピ編集部