2021/9/15 02:32

スパゲッティの袋は「〇〇開け一択」「もっと早く知りたかった...」「その手があったか…」

スパゲッティーAmazon

そうめんやスパゲティなどの乾麺をジッパー付き袋や保存容器に移し替えたりしなくても、そのまま使いやすく保存する方法があります。

通常乾麺は麺を立てた状態で袋の口を開けます。
商品によっては「開け口」と書かれている場合すらあります。

しかしこの開け方だとジッパー付き袋に入れるか、
保存容器に入れ替えなくてはいけなくなります。

麺を立てた状態ではなく、横にした状態でガバっと袋を開けてみましょう。
さらに、袋をくるくる丸めてテープか輪ゴムで閉じれば、
そのまま簡単に保存ができますよ。コンパクトに収納できます。

輪ゴムで簡単に閉じられてコンパクト
麺の量が減ってくれば輪ゴムやテープもいらない。

まずは、袋の上の両端を内側に少し折ります。
さらに、上の部分を手前に2回ほど折り込んだら、反対側にひっくり返せばOK!
これで道具を使わずに麺の袋に封をすることができました。

この方法は、食べかけのスナック菓子などにも応用可能。
難しいテクニックや道具も使わず、
いつもの袋のままで袋入り乾麺がそのまま簡単に保存できます。

以上をサンキュ!が紹介しています。

 乾麺の袋は〇〇開け一択!収納容器はもういりません! | サンキュ! 乾麺の袋は〇〇開け一択!収納容器はもういりません! | サンキュ!

編集者:いまトピ編集部