2021/8/4 08:29

1年放置され続けた「マリモ」水を替えるのを忘れていたのに「なぜ?」こ、これは・・・

話す

いま、ネットで話題の投稿がこちら。

『ああ、まりもマリモ。2年前、北海道の狸小路の土産物屋で買った君。直射日光を避け、水を替え、ちょっと大きくなった? と変化を愛でていたのに、うっかり棚の奥にしまったきり一年ぶりの再会。なのになぜ枯れずに水もきれいなの。ああ、まりもマリモ。正直に言ってくれないか、俺は化学繊維だと。』

●ネットの声
・ウチのマリモも疑いがかかってる
・まりもはもともと陽があまりささない場所にいますから
・1年も放置したら水が腐る気がするので、腐らなかったってことはまりもが浄化してくれてたんじゃないかな… と思いました
・私も同じように、何年もいた謎まりもがあり、ふと水槽にいれたらかわいくない? と思い金魚と同居させたら、綺麗に食べられてしまいました。本物だったようです

ちなみに、よくお土産さんでみるのは、「養殖のマリモ」「アクリルなどの繊維を丸めた偽物」のどちらかなんだとか。以上、BUZZmagがハッとするエピソードをお届けしています。

水を替えるのを忘れて1年が経った『マリモ』を見たら…ん? | BUZZmag水を替えるのを忘れて1年が経った『マリモ』を見たら…ん? | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部