2021/7/30 09:33

義母「まだおしゃぶり使っているの?」「まだミルクあげているの?」ぶつけられる正論で心が折れてしまい…「アレを減らすことにしたら付き合いやすくなった」

育児

とあるママが年子育児で2人同時に寝かしつけをするのが困難で、上の子におしゃぶりや育児用ミルクを使っていました。しかし、義母から「まだおしゃぶり使っているの?」と言われてモヤモヤしてしまったことがきっかけで、義母との付き合い方を考えるようになったそうです。

■難易度高すぎ!2人同時の寝かしつけ
夫は仕事が忙しく帰りが遅いため、子どもたちが泣き叫んでも誰も助けにきてくれない状態。「どうやって2人の寝かしつけをしようか」と頭と抱える日々。そこで、上の子にはしばらくおしゃぶりと育児用のミルクでセルフねんねをしてもらうことに。
義母が孫に会いにきたとき、「まだおしゃぶり使っているの?」と言われてぎくっ。

そのときは反論せずに、その場を丸く収めるよう義母に共感するように対応したそうです。

義母の発言をきっかけにおしゃぶりは卒業と決意し、早めに寝させるために、上の子の寝かしつけには育児用ミルクをあげるだけにしました。しかしある日、台所にあった哺乳びんを見た義母に今度は「まだミルクあげているの?」と指摘。

それ以降義母の発言がいちいち気になり、ストレスに。大変なときにこちらの事情も知らずに正論をぶつけられると、心が折れますよね。

今は少し義母と距離を置いて、夫もいるときに義母にきてもらうようにしているそうです。
義母とのやりとりは夫にお願いして、家にきてもらう頻度を月1と減らすことにしたおかげで義母とはいい距離感を保てて付き合いやすくなったそうです。

嫁姑問題は、ささいなひと言からも起きるようですね。
ママテナが伝えています。

「まだおしゃぶり使っているの?」義母にぶつけられる正論で心が折れてしまい… | ベビーカレンダー | ママテナ「まだおしゃぶり使っているの?」義母にぶつけられる正論で心が折れてしまい… | ベビーカレンダー | ママテナ

編集者:いまトピ編集部