2021/7/23 09:08

冷房で「胃腸が疲労する」夏は「梅干し」と『アレ』を食べると「太らない、老けない」

梅干し

暑い日々が続くと無理やり冷やそうと冷房をガンガンにしたり冷たい飲み物をとってしまいがち。それらは痩せづらく、身体がだるく疲れやすくなる生活習慣なのだそう。そこでママテナが紹介するのは、真夏の「太らない、老けない」食事術3つ。
【1】よく噛んで食べよう
満腹中枢が刺激されることで、食欲を抑えるホルモンが分泌。唾液の力で糖質を消化吸収しやすくなり、胃腸の負担が減るそうです。
【2】おやつにはドライフルーツ
白砂糖を使ったものは、血液を酸化させ、内臓に負担をかけるそう。甜菜糖や精製されていない糖が入っているものを選ぶと良いそうです。
【3】梅干し、香味野菜を取り入れよう!
冷えた体内は胃腸の疲労が蓄積しやすい。夏バテや体力消耗に効果のある梅干しや、解毒作用や胃腸の働きを高める香味野菜を食べることで、弱った身体をしっかりサポート。

以上です。気をつけて素敵な夏を過ごしましょう。

ダイエット向き!真夏の「太らない、老けない」食事術3つ | 毎日がちょっと心地よくなるヒント「朝時間」 | ママテナダイエット向き!真夏の「太らない、老けない」食事術3つ | 毎日がちょっと心地よくなるヒント「朝時間」 | ママテナ

編集者:いまトピ編集部