2021/7/21 14:34

神社の『アレ』は持って帰るな!絶対にだ!2つの危険すぎる理由に「怖くて持って帰れません」 「ご利益あるわけないのに」

神社

赤ちゃんが生後100日頃にする「お食い初め」というお祝いがあります。これは「一生食べ物に困りませんように」という願う込めてご飯を食べさせる真似をしたあと、赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願う「歯固めの儀式」をすることがあります。

その時に使用する小石を「歯固め石」と呼びますが、近年ではその石を赤ちゃんが初宮参りをした神社から「借りてくる、あるいはもらってくる」のが一般的になっています。いまトピでは、こんなツイートを紹介しています。

『神社の石は持って帰るな!絶対にだ!

第一にそれは神様の物で、法的には神社のものであり、お金を掛けて定期的に境内に補充するので窃盗になります!

第二に、中規模以下の神社は草刈りの手が足りず除草剤に頼ります。
当然、石を握りしめる事や唇に当てる事を前提とせず、強めのを撒きますので!』


この投稿を見たTwitterユーザーからは、こんな声があがっています。

「歯固めの石は神社の境内の石を!とか書いてある育児書があった気がします…」
「お年寄りから…神社仏閣の石には怨念が宿る場合もあると教えられました』
「私は、祖父母に、神社の石は神様のものだから持って帰るとバチがあたるといわれて、怖くて持って帰れません😱😱」
「持って帰る人ってその石にご利益あると思って持ち帰るんですかね?勝手に持って帰ったものにご利益あるわけないのになぁ…」

いくら「お食い初め」だからといって、初宮参りをした神社で石を勝手に拾ってくるというのはよくありません。最近では、お食い初め用の食器のレンタル品や食材の通販に「歯固め石」がセット付いてくることもあるようですので、そうした形で入手してみてはいかがでしょうか?

神社の「○○」は持って帰るな!絶対にだ!その2つの理由がコチラ→ネット民「怖くて持って帰れません」 - いまトピ神社の「○○」は持って帰るな!絶対にだ!その2つの理由がコチラ→ネット民「怖くて持って帰れません」 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部