2021/6/23 09:13

住宅ローンを滞納していたことに気づき、銀行に電話したら…まさかの『事実』にゾッとした「ヒエッ…」「気をつけなきゃ」要注意

家

スライム / 大家 / 不動産業者(@sly54321)さんは、知人の周りで起きた、以下のようなお話を投稿しました。

ご主人が大病で倒れて数ヶ月闘病の末に他界。お金のことは任せきりだった上に多額の治療費がかかり、住宅ローンを2〜3ヶ月滞納していたことにふと気がつく女性。「でも、住宅ローンは保険で消えるし問題ない」と、銀行からの連絡に折り返すも、銀行から驚きの言葉が。それが、こちら。

『滞納が続いてご連絡も取れない状態が続きましたので、保証会社による代位弁済がされ、団体信用生命保険は解約となりました』

なんと、住宅ローンは3ヶ月程度滞納してしまうと、そういうことがあるようです。遺産相続を放棄することで、自宅の所有権と共に住宅ローンの債務も放棄することが出来るようです。

このお話に対してネットでは、「ヒエッ...」「気を引き締めてこのことを肝に銘じておきます」「住宅ローン団信は、余命6ヶ月宣告(リビングニーズ)がついてる事があるので、生前に処理も考えましょう」と、様々な声が寄せられています。

皆さんも、気をつけましょう。以上、BUZZmagからお伝えしました。

住宅ローンを滞納していたことに気づき、銀行に電話したら… | BUZZmag住宅ローンを滞納していたことに気づき、銀行に電話したら… | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部