2021/6/21 08:23

新幹線の車内から「アレ」が消える『不便さ』に妙な懐かしさを感じた…「時の流れ」「時代が変わっていく感じで悲しくなる」

新幹線

1965年から新幹線の車両内に設置されていた「公衆電話」が、あと10日ほどで完全に姿を消すことをご存知だろうか。

6月30日を最終日に、同月7日より順次車両ごとにサービスを終了させていくことが示されており、その理由として「近年、携帯電話の普及により列車公衆電話サービスのご利用が減少していることに加え、トンネル内などを含め、すべての新幹線で携帯電話の利用が可能になったこと」と記されている。

ネットでは、「時の流れ」「最近の子は使えない子もいそうな時代だもんね」「時代が変わっていく感じで悲しくなる」と、どこか寂しさをにじませながらコメントするユーザーの声が…他にも過去を回顧するユーザーの声も散見されている。

以上、ニュースサイトしらべぇからお届けしました。

新幹線の車内からあと10日で「消えるモノ」 その不便さに妙な懐かしさを感じた – ニュースサイトしらべぇ新幹線の車内からあと10日で「消えるモノ」 その不便さに妙な懐かしさを感じた – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部