2021/6/19 15:07

40代で1000万円貯めた人たちが「やめたこと」

貯金

40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%。そこでOTONA SALONEが紹介するのは、1000万貯めている人たちが「やめていたこと」。

その1:クレジットカードの作りすぎをやめる
1000万貯められた人たちはお財布の中身の断捨離を必ずしているそうです。お財布の中のカード・ポイントをいちど全部出して、「過去2週間以内に使ったもの」「使わなかったもの」に仕分けると良いそうです。

その2:無料や安いものにこだわることをやめる
1000万円貯めた女性たちは、お金の仕分けとともに必ず行動の仕分けをしているそう。安いものを探すために時間をかけるのではなく、必要なものを必要な時に買うように。

その3:バーゲンに行くことをやめる
熟慮して選んだ定価30000円のスカートを10年履くと1年あたり3000円。バーゲンで5000円で購入したスカートを1年で捨ててしまうのはもうやめましょう。

その4:「ポイ活」をやめる
ポイントを貯めるのはお得なようですが「あと100円分買い物をすれば1ポイントつく」と思うと余計なものを買ってしまうもの。

その5:家計簿をつけるのをやめる
ざっくり、毎月出ていく固定費はいくらだから、日々のやりくりする食費や雑費やレジャー費はこれくらいに抑えて、貯金は毎月この額していこう!とおおまかな仕分けをすれば十分とのこと。

収入が入ったらまず「先取り」して貯金にまわしましょう。

1000万円貯蓄する人が「やめていた」5つのこと|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ1000万円貯蓄する人が「やめていた」5つのこと|OTONA SALONE[オトナサローネ] | 自分らしく、自由に、自立して生きる女性へ

編集者:いまトピ編集部