2021/6/7 09:03

肉を焼くとき「〇〇をするだけ」「プロ並みに焼ける」簡単なのに絶対に美味しくなる「裏ワザ」天才級に

焼肉

おうちごはんが多い今、焼肉もおうちで美味しく食べたいですよね!
今回はプロがやっている焼肉の美味しい焼き方をご紹介したいと思います。

・網をしっかり熱する
「焼肉大図鑑」(扶桑社刊)によると、牛正肉の焼き方の基本として、まずは焼き網をしっかり熱することが重要なんだそう!
十分熱せられていないうちに肉をのせてしまうと、肉が網にくっつくことがあるのだとか。

・強火で一気に焼く
とくに塩で焼く場合は、内部の肉汁を逃さないよう、表面を強火で一気に焼いて壁を作ります。
タレの場合は焦げやすいので注意。

・表面:裏面=7:3
火を通す時間は、表面が7なら裏面は3という割合が◎

・ひっくり返すのは1度だけ
何度もひっくり返すと肉汁が落ちてしまうのだとか!
表面にうっすらピンクが残っているぐらいが食べ頃です。

・厚切り肉は余熱が重要
フードアクティビストの松浦達也さんの著書「家で『肉食』を極める! 肉バカ秘蔵レシピ 大人の肉ドリル」(マガジンハウス刊)によれば火の強いところで両面を焼いたら、その後に火の弱いところで肉の内部を温めるように火を入れていくと美味しく焼けるそう!

ぜひ試して美味しくお肉を食べてみてくださいね!
以上アサジョからお届けしました。

プロはやっている!焼肉を美味しくする焼き方のコツ – アサジョプロはやっている!焼肉を美味しくする焼き方のコツ – アサジョ

編集者:いまトピ編集部