2021/5/14 18:30

「上司に媚を売った人」は〇〇をしていた…「周りに言われても仕方ない…」ゲッソリ

上司

出世への近道ってどこにあるのでしょうか。そこでしらべぇが紹介するのは、疲れるけど「上司に媚を売った人たち」。
①栄養ドリンクを差し入れ
「上司は自己主張の激しい人で、あまり好きではないんです。それでも上司に気に入られないと、自分の居場所がなくなってしまうのではと思い、いい顔をしてしまいます」(20代・男性)
②鍛えた体を褒める
「鍛えた体を見せつけたいのか、よく上着を脱いだり腕まくりをしたりしています。『鍛えられていて、すごいですね』など褒めています。少し面倒ですが、それで上司からの評価が上がるのなら…」(20代・女性)
③すべての愚痴に同意する
「上司から聞かされる愚痴の中には、おかしいと思うことも多くあります。しかしそれを否定せずに、同意している自分を情けなく思います。ただ言い返しても、プラスにはならないので…」(20代・男性)
④グラスが空になる頃にオーダー
「会社の飲み会では、上司が飲んでいるグラスの減り具合をずっと見ているんです。周囲の人が裏で、『媚を売っている』と言っているのも知っています。たしかにそうなので、言われても仕方ないのですが…」(30代・男性)
みんな苦労しているのですね。お疲れ様です。

疲れるけれど出世のために… 上司に媚を売った体験談4選 – ニュースサイトしらべぇ疲れるけれど出世のために… 上司に媚を売った体験談4選 – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部