2021/4/19 19:28

とあるバレエの「楽譜」に隠された怖い『ヒミツ』が衝撃的「ほんとにビビった」背筋が凍った

恐怖

ストラヴィンスキーが作曲した『春の祭典』についてピアニストの人が見つけた秘密をBUZZmagが紹介。
「生贄の少女が踊り狂って死ぬという ストラヴィンスキー「春の祭典」の最後の和音は D(レ) E(ミ) A(ラ) D(レ)
DEAD (死) だって知った時は軽く鳥肌が立った。」
ゾッとしますね。しかし英語との接点が殆どないか薄い可能性が高いので偶然ではないかという声もありました。
「おおおおおおお」
「ほんとにビビった(笑)」
「授業で言うとすばらしい反応があるヤツです」
「死を表現する時はレミラレをめっちゃ使おう」
たまたまでも発見したときはビックリしますね。

【鳥肌】バレエの楽譜を見て、ピアニストが衝撃を受けた理由は… | BUZZmag【鳥肌】バレエの楽譜を見て、ピアニストが衝撃を受けた理由は… | BUZZmag

編集者:いまトピ編集部