2021/4/12 14:27

節約が長続きしないときは「◯◯を書き出す」

節約

節約に本気になれない・長続きしないときの対処法を「アサジョ」が紹介しています。

【向こう数年間に必要な貯蓄額を具体的に書き出す】何十年も先の未来のための節約では本気になれないという場合は、直近の数ヵ月間や5~10年で必要な貯蓄額に向き合いましょう。結婚式や旅行などのイベントや、車やマイホームの購入資金など、貯蓄がないと実現が難しい“欲しいもの(したいこと)”を書き出し、必要な貯蓄額を計算するのです。漠然と月や年単位で貯蓄額を決めるよりも、「●ヵ月後(●年後)に○○を買うための貯金」などと具体的な期限と目標額を意識する方が、家計管理に真剣に取り組みやすくなります。

節約に本気になれない・長続きしないときの対処法 – アサジョ節約に本気になれない・長続きしないときの対処法 – アサジョ

編集者:いまトピ編集部