2021/4/12 13:05

「先生から生徒への卒業メッセージ」が「最低すぎる」とSNSで話題に「先生がこんなことを書くなんて・・・」

悩む

ある国の女性が、慣れ親しんだ学校からついに旅立つことになり、「先生からもお別れのメッセージをもらいたい」と考えた。英語教師に返してもらったノートには、次のように書かれていた。「時々、帰宅しても僕は眠れないんだ。君のうっとうしい声が耳から離れないせいだよ。まさに最悪な拷問のようだね。それだけだ、幸運を祈る」。驚いた女性はそれを写真に収め、ツイッターで公開。「英語の先生がこんなことを書くなんて」と書き込んだが、この教師は、ひねくれたキャラクターで抜群の人気を誇っていたことも明かした。この投稿に対してツイッターユーザーからは「(最悪な拷問のような声とは)どれだけ酷い声なのか」と女性の声に興味を示すコメントも書き込まれた。女性がウケ狙いの皮肉も重く受け止めるタイプだったとしたら、笑い話では済まなかったに違いない。と「しらべぇ」が伝えています。

恩師から女生徒へ皮肉まじりの卒業メッセージ 「最低すぎる」とSNSで話題に – ニュースサイトしらべぇ恩師から女生徒へ皮肉まじりの卒業メッセージ 「最低すぎる」とSNSで話題に – ニュースサイトしらべぇ

編集者:いまトピ編集部