2017/4/21 20:42

ディズニーランド「家族で行けない場所」か… 死亡事故も

いまトピ

10日にTDR内にある劇場「舞浜アンフィシアター」で、出演者が使うワイヤの点検をしていたパフォーマーが、高さ約10メートルから落下し、死亡する事故が発生しました。この事故に関してオリエンタルランドユニオンは、こう警鐘を鳴らしています。「ワイヤを留めていた根元から破損したのであれば、オリエンタルランド側の整備不良といえます。(中略)パフォーマーの実績から考えて、本人のミスではなく機材に問題があった可能性が高いと考えます。」なお、キャスト(従業員)の8割を占める約2万人の非正規キャストの労働環境について、事実上の使い捨て状態であるという指摘も。入場料は大人1日券が昨年500円値上がりして7400円と高額なため、リピーター客が減っている矢先で今回の事故。労働環境と安全性が早急に保たれ、安心して家族で楽しめる場所になることを望むばかりです。以上、「ビジネスジャーナル」が伝えています。

ディズニーR、環境劣悪化で「家族で行けない場所」化…キャストへのパワハラや死亡事故も | ビジネスジャーナルディズニーR、環境劣悪化で「家族で行けない場所」化…キャストへのパワハラや死亡事故も | ビジネスジャーナル

編集者:いまトピ編集部