2021/3/9 08:30

映画館に、数ある食べ物の中から『ポップコーンが置かれてある理由』にハッとする「そっか納得」「理由に優しさを感じる」

映画

映画館へ行くと売店には必ずポップコーンが販売されています。映画のお供にポップコーンというのは当たり前になっていますが、お菓子はほかにいくらでもあるのに、なぜポップコーンが主流なのか気になったことはありませんか?そんな中、Twitterでは、とある投稿に注目が集まっています。投稿者の御逆撫さんは、「なぜ映画ってポップコーンなのかな〜」と思い調べてみたところ、判明した内容のスクリーンショットを投稿しています。そこには昔のアメリカでは映画の内容が気に入らないとスクリーンにものを投げる習慣があったそうで、ポップコーンはふんわり軽くて柔らかく、スクリーンに投げつけても傷つきにくいことから、映画館の定番お菓子になったと書かれています。この投稿を見た他のユーザーからは、「そっか納得」「なるほど」「傷つきにくいからっていう理由なあたり優しさを感じる」と、様々な声が寄せられています。真偽のほどはわかりませんが、映画館のスクリーンに投げつけられても傷がつかないからだなんて、いかにも昔のアメリカらしい理由ですね。信じるか信じないかはあなた次第です。以上、いまトピからお伝えしました。

映画館の定番お菓子が「ポップコーン」である理由が衝撃的!→ネット民「そっか納得」「なるほど」の声 - いまトピ映画館の定番お菓子が「ポップコーン」である理由が衝撃的!→ネット民「そっか納得」「なるほど」の声 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部