2017/4/19 10:16

○○を摂取で「アルツハイマー病」回避の可能性

アルツハイマー病goo画像検索

アメリカ化学会農業食品化学部門議長を務めるナヴィンドラ・シーラム博士が、メープルシロップに腸内の善玉菌の増殖を促す働きのあるタンパク質「イヌリン」が含まれているということを初めて明らかにしました。シーラム博士は、善玉菌のバランスのとれた健康な腸が健全な免疫システムを支え、慢性的な炎症から体を守り、さらに慢性的な炎症との関連が疑われるアルツハイマー病の脳の状態を避けられる可能性を示していると述べています。手助けをするといっています。このまま研究が進めば、メープルシロップがアルツハイマー病の予防に一役買う日が来るかもしれません。

100%ピュアなメープルシロップの摂取と健康な脳に関連性 | 認知症ねっと100%ピュアなメープルシロップの摂取と健康な脳に関連性 | 認知症ねっと

編集者:いまトピ編集部