2021/2/23 14:57

トップYouTuberヒカキン「子ども時代にやっておいた方がいいこと」説得力スゴイ...

子供

日本におけるYouTuberの第一人者であるヒカキンさん。非営利団体「Yahoo!基金」と共同で、医療分野に特化した寄付窓口を立ち上げると、自らも1億円を寄付。さらに、およそ22万人から総額3億7000万円以上の寄付を集めるなどし、LINEが2020年12月に開催した「LINE NEWS AWARDS 2020」の「タレント」部門では、その1年間でニュースになった「話題の人」として評価されて受賞したのをご存知ですか?

今や、その大きな影響力を社会貢献においても生かすヒカキンさんに憧れる人は少なくないですよね。

BUZZFeeDがインタビューした内容がこちら。

Q.「ヒカキンさんのようになりたい、と考える子どもは少なくない思います。小さい頃からやっておいた方がいいことはありますか?」

A.「やっぱり一番好きなことを全力でやり続けてみることです。習慣で言えば、その大好きなことのトップにいる人だけを見て学ぶべきかなとは思いますね。2位の人は見なくていい。トップだけ見ればいいと思います。それで上の方にいけると、また違う世界が見えてくる。現実的な部分だったり、キラキラした部分だったり。」

説得力ありすぎますね。この背中を見て、日々頑張っている子がたくさんいると思うと少し先の未来も楽しみになってきますね。以上、BUZZFeeDが伝えています。

トップYouTuberが明かす「子ども時代にやっておいた方がいいこと」が説得力ありすぎたトップYouTuberが明かす「子ども時代にやっておいた方がいいこと」が説得力ありすぎた

編集者:いまトピ編集部