2021/1/27 14:32

「〇〇は野菜ジュースを飲んではいけない」野菜ジュースを飲むと将来後悔する衝撃の事実とは・・・

野菜ジュース

3児ママ小児科医が教える、子どもに「野菜ジュース」をなるべく飲ませない方が良いと言われるその理由について、ベビーカレンダーのベビーニュースが紹介しています。
世界保健機構(WHO)などでは「幼児までの子どもには100%ジュースも糖分の摂り過ぎになるとして飲ませない方が良い」としています。糖分の摂りすぎは虫歯のリスクが高まったり、肥満のリスクが高くなるためです。
一方、フルーツそのものに関しては、食べない方が良いということはありません。そのため、今小児科医は「そもそもジュースは子どもに与えるものではない」という指導をしているとのこと。
スポーツドリンク500mLだと約30g、100%ジュースでも200mLで20g、野菜ジュース720mLで約50gの炭水化物(糖質+食物繊維)が含まれています。糖質はジュースにだけ含まれているわけではないので、ジュースだけで糖質の必要量を摂ってしまうと、明らかに糖質の摂り過ぎになってしまうのです。
ついつい野菜不足が心配で野菜ジュースを飲ませてしまうこともあると思いますが、野菜の栄養素よりも余計なものを摂ってしまっては本末転倒です。
ジュースなどの甘くおいしい飲み物の味を一度覚えると、頻繁にジュースを欲しがるようになってしまいます。小さいうちから毎日ジュースを与えてしまい、水や麦茶を一切とらなくなってしまったというケースもあるそうです。子どもに野菜ジュースなどのジュースを与えないという選択は、子どもに水分をとらせることに苦労したり、虫歯治療に通うことになったりと、将来的に後悔しないために今できる「ラクになる育児」のひとつにもなります。

野菜をあまり食べてくれないこともあると思いますが、めげずに出し続けることと、ビタミンは他の食べ物からも摂れるので、焦らず無理して食べさせないようにするのが良いかもしれません。
好きな野菜も出してあげて「おいしいね」と食事を楽しむことが大切とのこと。

ぜひ参考にしてください。

子どもに野菜ジュースは飲ませません【3児ママ小児科医のラクになる育児】|ベビーカレンダーのベビーニュース子どもに野菜ジュースは飲ませません【3児ママ小児科医のラクになる育児】|ベビーカレンダーのベビーニュース

編集者:いまトピ編集部