2021/1/26 22:09

「すごい!天才!あなたは天才なの?」自分の子を褒めまくる親

育児

子供についつい何度も口煩く言ってしまうことってありませんか。そこでGoogirlが紹介するのは、気づいたら「子どもに何度も言っている」セリフ。

1「早くして!」
「朝、保育園の準備や私の出社があるのに、のんびりご飯を食べたり、着替えをすませていない子どもについ『早くして!』って言っちゃう。私がメイクしてお皿を洗って着替えている間に、子どもは寝ぼけまなこでご飯を食べていて、つい……。一日に何度このセリフを言っているんだろう」(30代女性)

2「ちゃんと片づけて」
「うちの中だってそんなに片づいてはいないのに、子どもがおもちゃを出しっぱなしにしているとつい『ちゃんと片づけて』って怒鳴っちゃう。片づける場所も確保できていないのに、子どもがかわいそうだよね……」(30代女性)

3「すごい! 天才!」
「ちょっとしたことでもオーバーに褒めちゃう。この前なんて、手を洗えただけで『すごい! 天才! あなたは天才なの?』って叫びながらハグしちゃったもん。はたから見たら、なんて親バカなのって思われるかも。でも、前まで寝ているだけだった子どもが手を洗えるって、親にとってはすごく感動すること」(20代女性)

4「ちょっと待ってね」
「家事をしているときに子どもに遊びに誘われることが多くて、そのたびに『ちょっと待ってね』って言っちゃう。気づいたら、ちょっとどころか1時間以上たっていて、子どもも私に対して期待しなくなっていたり。子どもと一緒に遊べる時間なんてそんなに長くないんだから、この言葉はできるだけ封印したいな」(30代女性)

5「何度も言わせないで」
「高いところからジャンプしたり、コップの中に手を突っ込んだり、何度も『やっちゃダメ』って言っているのにやっちゃうから、『何度も同じことを言わせないで!』って怒っちゃう。何度もやるってことは、子どもの中でどうしていけないのか理解できていないってことだし、もう少し詳しく説明した方がいいのにって思うのに」(20代女性)

ついつい言ってしまうこと、やめられたらいいですよね。

親あるある! 気づいたら「子どもに何度も言っている」セリフ5つ | 女子力アップCafe  Googirl親あるある! 気づいたら「子どもに何度も言っている」セリフ5つ | 女子力アップCafe Googirl

編集者:いまトピ編集部