2021/1/26 20:44

「 トンカツは〇〇だからヘルシー。」という理論がポジティブすぎて「ケンタッキーはもはやマイナスカロリー」発想が強い

とんかつ

何かあったときに自分の中でどう変換できるかで日々の美しさも変わっていきます。そこで笑うメディアクレイジーが紹介するのは、ポジティブすぎる発想の持ち主たち。
1「煎茶って一杯2kcalくらいあるんですね。ところが煎茶の葉をさらに煎ったほうじ茶は0kcalなんですよ。火を通すとカロリーは滅する。ということは? 180度の高温で揚げたトンカツのカロリーだって? そう、死滅していますね! トンカツはヘルシー。ワンモア。トンカツはヘルシー。」
2「「痩せなきゃ死ぬ」じゃなくて「今の自分も最高だけど痩せたらもしかして更に最高なのでは?」みたいな思考にしてから本当に気が楽」
3「最近知ってびっくりしたことなんだけど、人間とバナナのDNAは60%共通らしい つまり私は60%はバナナ 何しても「まあ6割はバナナだからな…」って許されたい」
4「料理中に手が滑って塩をぶちまけてしまったんですが、反射的に口をついて出た言葉が「き、清められた〜!」だった私のポジティブ変換力を誰か褒めてほしい。」
5「絵描いてる友達が「はぁ〜私絵下手だな〜めっちゃ伸びしろある〜!」って言ってるの凄く好きだから私もめちゃくちゃ戦闘下手だけどめっちゃ伸びしろあるって思うことにしてる。伸びしろある〜!」
6「ニュースでやってたオリンピック内定してた選手へのインタビューで、落胆や戸惑いの声が多々ある中「おかげであと一年間『俺オリンピック出るぞ!』って言って回れます」みたいなこと言ってた選手ポジティブすぎて応援したい」
見習っていきたいものですね。

【大雪を冷蔵庫に】ピンチを「ポジティブ発想法」で乗り越えた人々 8選 | 笑うメディア クレイジー【大雪を冷蔵庫に】ピンチを「ポジティブ発想法」で乗り越えた人々 8選 | 笑うメディア クレイジー

編集者:いまトピ編集部