2021/1/24 19:28

「コーヒーの量が増えた」「チョコが欲しい」←当てはまる人は要注意・・・それは体の〇〇のサイン

コーヒー

「最近、コーヒーの量が増えた」「体がチョコを欲するようになった」と身に覚えのある人はいませんか?
そんな人は要注意です。
ストレスで低調になった心と体を、コーヒーやチョコレートで無理やり鞭打っているようなケースも考えられるからです。
ストレスに立ち向かうために頑張っているのが、副腎。
ストレスを受けるとコルチゾールというホルモンが出て、脳の覚醒に関わるほか、血圧や血糖値を上げたりして体を守リます。ストレスが多いと、その分コルチゾールを出す機会が増えるため、副腎が疲れてしまい、ホルモンが出にくくなるそう。
コーヒーのカフェインはコルチゾールを出すよう刺激する、いわば気つけ薬。飲むと元気こそ出ますが、カフェインが切れるとその分疲れが出やすいとのこと。
また、ストレスで分泌が減ると調整がうまくいかず、てっとりばやく血糖値をあげてくれるもの=甘いものが止まらないといったことも。

コーヒーの味が恋しくなったときは、「ああ、自分は疲れているんだ」と認めることから始めてみましょう。
ですが、「チョコやコーヒーは体に悪いから」といきなりやめてしまうのも、我慢を強いられる行動=ストレスであるため、段階的に少しずつ減らすのがポイントです。
カフェインレスコーヒーにしてみたり、低糖質スイーツにしてみたりしてみてはいかがでしょうか。

頑張りやさんほど、ときには自分に優しくしてみてください。
以上、MYLOHASからお伝えしました。

最近コーヒーやチョコを欲する人は要注意。今すぐ自分に優しくして | MYLOHAS最近コーヒーやチョコを欲する人は要注意。今すぐ自分に優しくして | MYLOHAS

編集者:いまトピ編集部