2021/1/22 18:23

「朝に◯◯を食べると・・・」

ダイエット

プチ工夫でできる、お手軽ダイエット法をつやプラが紹介しています。

【朝食に「大麦」を取り入れて】大麦に含まれる水溶性食物繊維の仲間「β-グルカン」には、次に摂った食事の糖の吸収を穏やかにする効果があることがわかっています。そのため、朝に大麦を摂れば、昼食や夕食後の糖の吸収を穏やかにして、脂肪の蓄積を予防する効果が期待できます。また、腸内で善玉菌のエサとなり、余分なものを溜めこまないヤセ体質作りの強い味方にもなります。

【手軽すぎる!食前の野菜ジュース】カゴメの研究によれば、食前の野菜ジュース200mlで糖の吸収を穏やかにする働きがあることがわかっています。効果が高まるタイミングは、食事の30分前だそう。野菜ジュースなら手軽に、どこでも飲むことができますから、食事前の習慣にすると良さそうですね。

食前1杯でOK!?プチ工夫でできる「お手軽すぎるダイエット」3つ | つやプラ - つやっときらめく美をプラス|40代からのエイジングを前向きに食前1杯でOK!?プチ工夫でできる「お手軽すぎるダイエット」3つ | つやプラ - つやっときらめく美をプラス|40代からのエイジングを前向きに

編集者:いまトピ編集部