2021/1/14 23:15

2021年「〇〇を手放す」と運気爆上げ!「主婦が強運を掴む」

お金

2020年は「200年に一度の時代の大転換期」、そして2021年もまだ、激動が続く年になるのだとか。ヨムーノでは、主婦が強運を掴む、金運をアップさせる、自分と家族の運気をまるごと上げるための「2021年、開運の心得」について、紹介しています。


【心得1】大切な人に連絡をとる
再構築といえば、まず人間関係です。最近疎遠になってしまったけど、縁を切りたくない人とは、もう一度つなぎ直すといいでしょう。
年賀状や「明けましておめでとうメール」を出し忘れた人も、寒中見舞いや簡単なメールでの連絡は有効です。切れたご縁を取り戻せるきっかけになるので、いつもよりたくさん出してみましょう。その際、一斉送信ではなく、メールでもハガキでも、それぞれにひと言添えるのがオススメです。

友だちなど「人との一体感」を大事にするといい年。仲良しグループを作るのもおすすめです。年齢や性別、立場を超えて仲よくなるのも開運のポイント。そこから広がる世界を大切にすることで、金運はもちろん運気全体がアップしていきます。

【心得2】「本当に必要な物」以外は手放す
西洋占星術では、2020年から約200年間「風の時代」に入ったと言われています。「風」というのは、目に見えないものの象徴で、「形のないもの」が重要視される時代。
お金はこれからも大切ですが、昔ほどこだわらなくなるし、物を多く持つより、「ミニマムな暮らしの方が心地よい」と感じるようになる傾向でしょう。
「物を手放すこと、整理すること」はオススメの開運アクションです。ただ、すべての物を減らすのではなく、『物と自分との関係を整理する』ことにポイントを置くといいでしょう。断捨離する中で、自分の本当に好きな物を再確認する、という過程が大切です。

【心得3】周りの人に「励ましの言葉」をかける
「言葉を大切にする」のは、もう一つの「2021年の開運アクション」。言葉は目には見えないけれど、人の心を動かします。人を励ますこともできるし、傷つけることもできるもの。とくにフォロワーの方がいたり、お金が発生するような仕事関係の場合には、言葉にはより責任を持つよう心がけましょう。

【心得4】情報メディアは「複数」チェックする
これからますます情報があふれ、メディアの在り方も変わってきます。フェイクニュースも増えてくるので、情報に対して受け身ではいられなくなってきます。その際、「情報源を複数持っている人」が強いといえます。そして、どの情報を選ぶかは、自分の判断力にかかってきます。
情報に流されず、自分をしっかり保つには、生活の中に自分のルーティンを持つことがオススメです。例えば、「毎日同じ時間に寝る」とか、「朝起きたら水を1杯飲む」といったことでもOK。それを毎日続けることで自分の中に軸ができ、ブレない自分になれるので、運気も上がっていきますよ。

【心得5】最新家電をチェックする
2021年はテクノロジーがさらに進化して、最新機器が生活を変えてしまう兆しがあります。びっくりするような最新家電が登場することもあるので、すぐに飛びつかなくてもいいけれど、アンテナは張っておきましょう。時代の流れに取り残されないよう、自分の知識をアップデートしておくことが開運のポイントです。大切なのは、『自分たちなりの家事でOK』ということ。どこで上手に手を抜いて、どこに時間と手をかけるかは人それぞれ。上手に家電を取り入れていきましょう。

2021年は、まさに「再構築の年」。2020年に大きく変わったことを調整する中で、“自分らしい生活”は何か?を見直すことで運を味方につけ、いい方向に進んで行きましょう!

【水晶玉子さん】2021年の運気を爆上げ!「主婦の心得BEST5」無料占い | ヨムーノ【水晶玉子さん】2021年の運気を爆上げ!「主婦の心得BEST5」無料占い | ヨムーノ

編集者:いまトピ編集部