2021/1/14 16:44

アラサーが学生を見て「私の時と〇〇全然違うじゃん…」ジェネレーションギャップがヤバい

高校生

時代が変わると流行も変わるもの。そこでGoogirlが紹介するのは、アラサーがいま学生に感じるジェネレーションギャップ。
1靴下が短い
「くるぶし上くらいの短い靴下をはいている子をよく見かけるけど、あれってかわいいの……? 私が学生のときは『ルーズソックスor紺ソックスがベスト』という感覚でした。若い子の流行を理解できないのは、歳をとった証拠かも」(31歳/不動産)
2ヘアスタイルの違い
「金髪や巻き髪の子が少なく、黒髪でシンプルなヘアスタイルの子が多いこと。清楚な雰囲気で、制服によく似合っているなと思います。私が高校生くらいの頃にはやっていた、針みたいに不自然なストレートパーマも見かけなくなりました」(27歳/IT関連)
3メイクが薄い
「私が学生だった頃は、つけまつげやカラコンで盛れば盛るほどいい! という風潮がありました。それに比べて、今の女子高生はかなりナチュラルメイクだなという印象。時代は変わるものですね」(29歳/建築関係)
4リュック派が多い
「電車で見かける学生はリュックを背負っている子が多く、私の時代とは違うなとジェネレーションギャップを感じました。肩にかけるスクールバッグが主流で、他校の彼氏のバッグを持つのがステータス! みたいな流行もあったような」(30歳/医療関係)
5制服を着崩さない
「制服を着崩さず、きちんと着ている子が多い印象です。女子のスカートは非常識な短さじゃないし、男子も腰パンじゃないし、ちゃんとしているなと。
『制服を真面目に着るなんてダサい』なんて思っていた学生時代が恥ずかしい」(27歳/フリーランス)
なんだか落ち着いた雰囲気が流行っているのかもしれませんね。

全体的に地味…? アラサーが学生に感じるジェネレーションギャップ | 女子力アップCafe  Googirl全体的に地味…? アラサーが学生に感じるジェネレーションギャップ | 女子力アップCafe Googirl