2021/1/11 22:47

宝くじ『高額当選者の共通点』最強の買い方「前日に〇〇を断ち、アレを食べる」

宝くじ

ヨムーノでは、宝くじに「当たる秘訣」を紹介しています。

【秘訣】宝くじを買う前日は、酒を断ち、肉を食べる
世の中には、「何度か」宝くじで高額が当たる人がいます。「高額当選者の方たちに話を聞くと、当選は偶然ではなく、高額を当てる秘訣があるのかも、と思うことがあります。なぜなら、高額当選者の方には共通点があるからです」。

1つ目の共通点は、「宝くじを買いに行く前日は、酒を断ち、肉を食べること」。日本酒には清めの力がありますが、アルコールを摂取するとどうしても頭の働きが鈍りますよね。「頭が鈍ると運も鈍る、という本能的な勘が働くのか、宝くじを買う前日はお酒をいっさい飲まない、という人が多いのです。また肉を食べることで、動物的な生命力が高まるため、自然と強運を招いているのかもしれません」。

【秘訣】宝くじは「午前中」に買う
2つ目は「宝くじは、午前中に買うこと」です。「太陽が東から出て、南の天上に昇りきるまでの午前中は、万物のエネルギーがもっとも高まる時間帯です。その間、人間の直観も冴えわたるので、それに引き寄せられるように運も高まるのだと思います」。「1日のうち、行ける時間に行けばいいや」などと考えず、最適な「午前中の時間を確保」して一戦に臨むのがいいのですね。

【秘訣】「縁起のいいお金」で宝くじを買う
3つ目は「縁起のいいお金で宝くじを買うこと」です。「幸運には、幸運が引き寄せられる」というメカニズム「引き寄せの法則」が関係していると言えそうです。目上の方にいただいたお小遣いや賞金としてもらったお金、前回宝くじで当たったお金などは、「ただのお金」ではなく「幸運を含んだお金」。「この幸運を含んだお金には、次の幸運を引き寄せるパワーが宿っているので、宝くじを買うときこそ、縁起のいいお金を使うのがベストです」

【秘訣】宝くじは「ゴミを拾いながら」買う
4つ目は「宝くじは、ゴミを拾いながら買うこと」です。「高額当選者の方たちは、ゴミを拾いながら宝くじを買いに行き、買った後は、売り場の周辺を一周してゴミを拾うという人が、なぜか多いのです」。運は『いい気』のあるところに寄ってくる、と言いますが、それはちょっとした善行を積むこと、つまり「徳を積む人には、幸運が訪れる」ということです。

【秘訣】宝くじを「人間と同じように」扱う
5つ目は「宝くじを、人間と同じように扱うこと」です。宝くじは、買ったときはビニール袋に入っていますが、帰宅したら「すぐにビニール袋から出す」のは鉄則。財布や引き出しに入れっぱなしにせず、家のなかでも、きちんと目につく「大切な場所」に置くのが重要です。 「ビニール袋に入れたままでは、宝くじも人間と同じで呼吸ができません。財布や引き出しなど狭い場所に閉じ込められたたままでは、息苦しく、存在を忘れられて寂しい思いをさせることに…。だから、いつも目につく大切な場所に置いておくのがいいのです」。

【秘訣】宝くじは「バラ10枚、連番10枚」を楽しんで買う
宝くじの買い方のコツとしては、「バラ10枚、連番10枚」がいいと、よく言われています。これは「まめに買った方が当たりやすい」という、いわば当たり前のコツ。宝くじは1枚300円なので、「バラ10枚、連番10枚」で買うと、合計20枚で6000円ほどかかります。「1回で10万円をかけて、当たれ、当たれと必死になるより、当たったらいいな、何に使おうかなくらいの気持ちで、発売されるたびに6000円ぶんを買う買い方のほうが、当たる確率は上がりますよ。そしてそのほうが、よっぽど『楽しむ気持ち』が生まれます」。

島田秀平さん直伝!宝くじ「高額当選者の共通点」最強の買い方&当たるコツ | ヨムーノ島田秀平さん直伝!宝くじ「高額当選者の共通点」最強の買い方&当たるコツ | ヨムーノ

編集者:いまトピ編集部