2021/1/10 08:28

コーヒーを体が〇〇なときに飲むと...「このリスクは怖いわ」「やっぱり飲まない方がいいのか...」

コーヒー

コーヒーはカフェインが含まれているのであまりよくないと聞きますが、やはり妊娠中は飲まないほうがいいのでしょうか? 飲んだりすると、どういう症状がみられるのでしょうか?
コーヒーにはカフェインが入っているので、過剰にとりすぎるとおなかの赤ちゃんが低体重になるリスクがあると言われています。日本では妊娠中のコーヒーの摂取目安量は設けていませんが、WHOでは3~4杯まで、英国食品基準庁(FSA)では1日2杯までとされていますので参考になさると良いかとおもいます。

上記の量を目安にして毎日たくさんの量を飲み続けなければ、飲んでいただいても構いませんが、カフェインの過剰摂取やカフェインの副作用が心配なようでしたら、ノンカフェインやカフェインレス(デカフェ)のコーヒーを使用したコーヒー牛乳を飲まれるようにしましょう。

赤ちゃんのためにカフェインを控えたいけど、おいしいものが飲みたいというときのために、ノンカフェインやカフェインレス飲料を準備しておきましょう。
医女をベビーカレンダーが紹介しています。

つわりでコーヒー牛乳が飲みたい!妊娠中はやっぱりダメ?【管理栄養士】|ベビーカレンダーのベビーニュースつわりでコーヒー牛乳が飲みたい!妊娠中はやっぱりダメ?【管理栄養士】|ベビーカレンダーのベビーニュース

編集者:いまトピ編集部