2020/12/3 11:32

コメダ珈琲「相変わらず写真詐欺」話題の○○販売延長…!最大の○○が魅力「食べ応えありすぎ」「サイズ感おかしい」

コメダ珈琲Amazon

コメダ珈琲店は、大ボリュームで話題のハンバーガー「コメ牛(こめぎゅう)」の販売期間を2021年2月まで延長。
9月の発売当時に販売期間は11月下旬までとの発表だったが、12月に入っても販売が継続。

「コメ牛(こめぎゅう)」は、牛カルビ肉と食感の良い千切りキャベツを自社製バンズでサンドしたハンバーガー。特製のタレは、醤油、ごま、ニンニク、マスタード、唐辛子をバランス良く調合した、甘くてほんのり辛さも効いた味だという。

肉の量は、通常“110g”の「並」、2倍“220g”の「肉だく」、3倍“330g”の「肉だくだく」の3種類を展開。牛カルビは食べやすい大きさにカットし、食べ応えがありながらも、子どもからお年寄りまで食べやすく仕上げている。

SNSでも「思ってた以上に肉の量がスゴい」「サイズ感おかしい」「相変わらず写真詐欺でお腹いっぱい」など多くのコメントが投稿され、見本写真を上回るその圧倒的ボリュームから“逆写真詐欺”メニューとして話題になっている。

コメダ珈琲店を運営する株式会社コメダの広報は食品産業新聞社の取材に、「コメ牛の販売期間は2021年2月末までを予定しているが、販売状況によっては早期終了もあり得る」としている。

以上、食品産業新聞社ニュースWEBからお届けしました。

コメダ珈琲店、話題の「コメ牛(こめぎゅう)」販売延長、肉量最大330gのハンバーガー、2021年2月まで|食品産業新聞社ニュースWEBコメダ珈琲店、話題の「コメ牛(こめぎゅう)」販売延長、肉量最大330gのハンバーガー、2021年2月まで|食品産業新聞社ニュースWEB