2020/12/2 14:32

圧力鍋に〇〇は『絶対に入れてはいけない』死亡するケースも

鍋

シュフーズでは、思わぬトラブルに発展する可能性もある絶対NGな料理の仕方を紹介しています。火災に繋がる非常に怖いNG行為もあるので、今一度確認しておきましょう。


1.圧力鍋の蓋を密閉せずに調理
便利である一方で、扱い方を間違えると死亡事故を招きかねないリスクが伴います。
例えば、圧力鍋の蓋を完全に密閉せず調理をするのはNGです。圧力がかかっているときに、蓋が密閉されていないと、中に入れた食材が勢いよく飛び出してくる恐れがあるからです。

2.IHで空焚きしてしまう
多くのIH対応調理器具は、空焚きがNGとなっています。場合によっては、勢いよく割れてしまい、怪我に繋がる恐れもあるので、空焚きはしないよう注意しましょう。

3.圧力鍋で膨張する食材を調理
強い圧力をかけることで、圧力鍋の中の食材が膨張したり、飛び跳ねたりし、蒸気口を塞いでしまう恐れがあります。蒸気口が塞がってしまうと、爆発事故を招く原因となるので、非常に危険です。
過去に、このトラブルが原因で爆発が起こり、火災に繋がったり、死亡事故となってしまったりというケースが報告されています。命にかかわる非常に危険な行為ですので、絶対にやめましょう。

4.牛レバーや豚肉を加熱せずに調理
食中毒を引き起こし、重篤な症状に繋がる恐れもあります。また、牛レバーや豚肉を加熱せずに調理することは、法律で禁止されているのです。

5.炊飯器の炊飯メニューで調理をする
調理機能のついていない炊飯器の場合、炊飯専用の家電なので、調理をする事はできません。無理に調理をしようといろいろな具材を入れてしまうと、お釜が焦げてしまったり、炊飯器自体が壊れてしまったりする恐れがあります。

6.卵を電子レンジで加熱する
卵を電子レンジで温めると、爆発を起こし、電子レンジの中が焦げ付いてしまいます。最悪の場合、火災を引き起こす恐れもあるので、卵を生のまま電子レンジで加熱する行為はやめましょう。

7.天ぷらを揚げている最中にその場から離れる
キッチン火災で最も多いトラブルが、揚げ物です。この行為は非常に危険です。揚げ物をする際に使う油は、ある一定の温度を超えると、自然発火を引き起こします。一気に火が燃え上がるため、ちょっとした油断も禁物なのです。

また、油は加熱していなくても、自然発火を起こす危険性があります。使い終わったら、覚めたことを確認した後、すぐに適切な方法で処理しましょう。

絶対NGな『料理の仕方』7選!火事などの思わぬトラブルに発展することも…! – シュフーズ絶対NGな『料理の仕方』7選!火事などの思わぬトラブルに発展することも…! – シュフーズ