2020/11/30 10:13

喉が痛いときに食べてはいけないアレ…痛みを悪化させることも

喉

喉が痛くて飲み込むのも辛い、ずっと喉の奥がイガイガする、といった症状に悩まされる人も多いと思いますが。
喉が痛いときに食べてはいけない食べ物を控えるだけで、喉の粘膜が回復して痛みを軽減します。

1.辛いものや酸味のあるもの
喉が痛い時には、喉に刺激を与える食べ物は避けるようにしましょう。

2.炭酸水やアルコール
普段は刺激が心地いいと感じる炭酸水も、喉が痛いときは飲むのを控えてください。また、アルコールは粘膜を傷つけてしまうため、普段から摂取量が多いと喉を痛める原因にもなります。

3.熱すぎるものや冷たすぎるもの
喉も皮膚と同じように、火傷します。喉が痛いときというのは、粘膜が傷つけているとき。そんな状態の粘膜に熱すぎるものはNGです。

4.味が濃いもの
意外と盲点なのが、味が濃い食べ物です。味が濃い食べ物は大半が塩分を大量に使用しているため、喉の炎症に塩をすり込むようなことになってしまうのです。

喉の痛みを回復させるには、必要な栄養や食事をとることも重要ですが、喉に刺激を与えず粘膜の回復を待つのも大切です。普段大好きな食べ物や飲み物であっても、喉が痛いときは我慢して治療に専念しましょう。
シュフーズが伝えています。

喉が痛いときに食べてはいけない飲食物4選!痛みを悪化させることも – シュフーズ喉が痛いときに食べてはいけない飲食物4選!痛みを悪化させることも – シュフーズ