2020/11/27 16:19

「朝に〇〇食べるのはダメ」肥満だけでなく糖尿病や高血圧の原因になる「NG食材食べてない?」

朝食

きちんと朝ごはんを食べることは良い一日にするために大切なこと。そこでシュフーズが紹介するのは、朝食べるべきではない食材。
1.市販のパン
糖分を過剰に蓄えてしまう恐れがある市販のパン。糖分を過剰に摂取してしまうことで、血糖値が急上昇するケースもあり、日頃から血糖値が高めの人も要注意とのこと。
2.マーガリンをつけたトースト
トランス脂肪酸は、肥満や心臓病の原因になるということが判明していいるそうです。
3.ベーコンやハムなどの加工肉
脂肪分が非常に多く含まれています。朝に摂取してしまうと、必要以上に脂肪分を吸収してしまい、肥満の元に。
4.オレンジやレモンなどの柑橘系フルーツ
『ソラニン』と呼ばれる光毒性物質が含まれているそうです。ソラニンを摂取してから紫外線を浴びてしまうと、シミの原因に。
5.大量のグラノーラ
糖質の多いグラノーラを朝に食べてしまえば、必要以上に糖分を吸収してしまい、脂肪の原因に。
6.砂糖やミルクの入ったコーヒー
糖分が多く含まれているコーヒーは、シャキッと目を覚めさせるどころか、脳をリラックス状態にしてしまい、眠気を誘ってしまう可能性があり逆効果とのこと。
是非覚えておきましょう。

朝に食べるべきではない『NG食材』6選 – シュフーズ朝に食べるべきではない『NG食材』6選 – シュフーズ