2020/11/27 10:18

世界で初めて生理用品の”無料配布”を決めた○○「すでにアレも無料で配布されている」「現実にもっと目を向けてほしい」

女の子

世界には、生理用品を買える経済的な余裕がないため布などで代用し、時に不潔さが原因となる病気に悩まされる少女・女性たちがいまだに大勢いる。そこでスコットランドでは…。

女性議員の数が大変多いスコットランドならではという興味深い話題を、はるか海を渡り『USA TODAY』『7News』などが伝えている。

「生理用品の無料化を実現させて」と望む声に関し、2017年から審議するようになっていたスコットランドの議会。2018年からは小学校~大学・専門学校、そして低所得家庭の少女・成人女性を対象に、生理用品を無料で配布する取り組みを成功させていた。

望まぬ妊娠や各種の感染症を回避する目的で、すでにコンドームが無料で配布されているスコットランド。それもあって、生理用品を全面的に無料化とする法案を可決させようという動きは、今年になってさらに活発化していた。

スコットランドは、世界で初めてナプキン、タンポンや月経カップといった生理用品の無料化が実現することになった。

「この取り組みは、世界の先駆けとして大きな影響力を発揮することでしょう」と話すのは、議会に法案を提出した中心メンバーである、スコットランド労働党のモニカ・レノンさん。
「どの国にも生理用品を購入できない貧困層がおり、その現実にもっと目を向けてほしい」などと訴えている。

以上、ニュースサイトしらべぇからお届けしています。

世界で初めて生理用品の無料配布を決めたスコットランド 年間予算33億円の大規模政策 – ニュースサイトしらべぇ世界で初めて生理用品の無料配布を決めたスコットランド 年間予算33億円の大規模政策 – ニュースサイトしらべぇ