2020/11/27 08:23

コストコ『ブラックフライデー』驚異の”26万円引き商品”登場!!!だが・・・「ちょっとガッカリ」「イマイチ」不評の理由とは

コストコ

11月27日金曜日は「ブラックフライデー」。アメリカでは1年で“最も売り上げが見込める日”として各地でセールが行われるトレンドがあり、昨今日本にもそのブームが伝播してきている。
東京近郊の「コストコ」でもブラックフライデーのセールが開始された。

今回のコストコの注目ポイントは「家電コーナー」にある。
家電、とくに大型テレビが驚くほどの割引価格で登場する。

8Kチューナー内蔵液晶テレビ「AQUOS 8K」(シャープ)70型は、通常販売価格49万8000円のところ、この期間中だけ約25万円値引きされ、24万4800円に。
この商品、実は2018年12月発売時は約100万円ほどした超高額商品で、圧倒的な解像度が当時話題になったアイテム。

同じく「AQUOS 8K」の60型は、42万8,000円が約26万円引きになり16万6,980円。

そのほかテレビは全般的に格安になっていた上、掃除機「Dyson Cyclone V10 Fluffy」は通常価格64,000円のところ39,800円。ネットでは6,000円前後で販売されている「SIROCA 超音波式加湿器5L」が3,980円とお値打ちだった。

家電の取り扱いもテレビやテレビ台(しかもアメリカンサイズ)中心なので、ここではテレビをまず一通り見ることをおすすめする。

ちなみにこの家電売り場に、女性の姿はほぼなかった。周囲を見渡すと記者よ同じ年齢くらいの中年男性ばかり。

女性スタッフにブラックフライデーのおすすめ商品を聞くと、「去年、今年と割引対象は家電が中心でイマイチかもしれません。しかもテレビが多く、我々女性からしても食料品がなくちょっとガッカリなんですよ…(笑)とのこと。

以上、ニュースサイトしらべぇからお届けしました。

コストコのブラックフライデー 驚異の「26万円引き商品」登場も不評の理由 – ニュースサイトしらべぇコストコのブラックフライデー 驚異の「26万円引き商品」登場も不評の理由 – ニュースサイトしらべぇ