2020/11/24 18:20

「結婚できなくて可哀想」と言われ続けた娘、その結末に19万人が涙

結婚

子供の頃に、親を始め周囲の大人からいわれた言葉が、その後の生涯に影響を及ぼすことは少なからずあるものです。
grapeでは、こんなエピソードを紹介しています。

『7歳から脱毛症でカツラだったから親には「女の子なのに可哀想。結婚出来ない」って言われ続けて自分自身を可哀想だと思って生きてたけど
出会ってすぐの趣味が全くあわない男性に「髪の毛?笑ってたらそれで良いよ俺にしとけ」って言われて結婚したら幸せになったから人生何があるかわからないね。』


その後、投稿者さんは男性と結婚し、とても幸せに暮らしているといいます。エピソードはネット上で拡散され、19万件を超える『いいね』を集めました。

・素敵な夫ですね!「俺にしとけ」って、かっこよすぎます…。
・私の子供もカツラをつけて生活しています。ずっと気にしていたのですが、この話を読んで心が和らぎました。
・うるっときました。自分の『好きじゃない部分』を受け止めてくれる人の存在は大きいです。

自分の発した言葉が、誰かにとって呪いではなく、光となれたら素敵ですね。

「結婚できなくて可哀想」といわれ続けた娘 結末に、19万人が涙  –  grape [グレイプ]「結婚できなくて可哀想」といわれ続けた娘 結末に、19万人が涙 – grape [グレイプ]