2020/11/22 13:17

「命に関わる可能性大」「非常に危険」〇〇が絶対に食べてはいけない食べ物とは「身近なものばかりすぎて怖い」「要注意」

犬

犬や猫が中毒事故に陥りやすい危険物を、esquireが紹介しています。
・市販薬
・人間用の処方薬
・グレープやレーズン、玉ねぎ、にんにく
・チョコレート
・獣医の処方薬
・家庭用品
・殺鼠剤
・殺虫剤
・植物
・園芸用品
以上です。
「非常に危険」「何があっても与えないで」「命に関わる危険」とのこと。
食べてしまった場合は、すぐにかかりつけの獣医か救急病院に相談しましょう。電話をする際はペットの体重、年齢、現在他にかかっている病気や服用中の薬、何をいつどれくらいの量食べてしまったのか、説明できるようにしておくことが肝心とのこと。
そして医師による指示がない限り、間違っても無理に吐かせようとするのはやめた方がいいそうです。
理由は「胃や食道が焼けてしまう可能性のある洗浄液のような場合、吐かせてしまうと損傷を広げることになります」だそう。

以上です。
ぜひ参考にしてください。

食べ物や生活用品も!犬や猫が中毒事故に陥りやすい危険物10食べ物や生活用品も!犬や猫が中毒事故に陥りやすい危険物10