2020/11/19 08:51

「死ぬ時は一瞬」お風呂のウトウトは実は〇〇が原因だった!?絶対に寝てはいけないゾッとする理由とは?「ナニソレ怖い…!」

浴槽

疲れているときお風呂でウトウトしてしまうことありますよね?
気持ちいいからアレ好きなんだよねって?
ちょっと待ってください!実は入浴中に起こる事故って本当に多く、もりなが (@mmk00)さんの身の回りにも、そんな事故が巻き起こっていたそうです。
「母「あんた、お風呂で寝るの危ないからやめなさい。○○さんの旦那さんもね、よくお風呂で寝てて、奥さんは心配して時々声をかけてたんだけど、ぬるくなってきたから追焚きしてくれって言われてスイッチ入れて、どうって聞きに行ったら死んでたのよ。死ぬときは一瞬よ」私「はい…」」
と怖いお言葉を頂いたそう。そして畳み掛けるように…
「母「それからね、○○の奥さんも深夜にお風呂入ってたんだって、みんなが入ったあとに。それでね、なかなか出てこないから旦那さんが寝てるのかと思って見に行ったらね、沈んでたんだって。死ぬときは一瞬よ」私「まさか2連発で来るとは」」
なんと身近な方を二人も亡くしているとは…。

このツイートには「お風呂で眠ってしまうのは意識が朦朧として気絶しているのでそのまま溺死してしまうことが多い」とコメントが寄せられていました。

温かいお湯に入ると体は平熱を保つために熱を逃がそうと血管が広がり、血圧が低下し、脳に酸素を送り込みづらくなる。結果脳が酸欠状態になったことで眠気が引き起こされるため、気付かず溺死してしまうんです。

入浴事故の予防対策としては
●湯温は39〜41℃程度に保って長湯は控える
●脱衣所と浴室の室温の差を縮める
●食後や深夜の入浴は控える
●心肺の疾患や高血圧であれば半身浴に留める

などが挙げられています。
これからの季節、長風呂をする方も多いとは思いますが、気をつけてあったまってください。
以上BUZZmagからお届けしました。

お風呂でウトウトは危険すぎる!絶対に寝てはいけない理由とは? | BUZZmagお風呂でウトウトは危険すぎる!絶対に寝てはいけない理由とは? | BUZZmag