2020/11/8 19:07

米は「〇週間以内で食べきる量を買わないとダメ」酸化が進み品質が…

ご飯

北海道、東北、北陸は収穫直前の天候不良もなく、しっかり成熟してから収穫でき、透き通った良質のお米ができ、例年並みかそれ以上の旨みの強い新米ができているそうです。そこでNEWSポストセブンが紹介するのは、五ツ星お米マイスターによる新米を美味しく楽しむ方法。
【Q1】お米の買い方は?
A1. できるだけ精米したてのお米を選ぶことが基本。
真っ白に濁った米粒や割れた米粒が多いと炊き上げたときにべちゃっとした食感になってしまうそう
【Q2】買う量は?
A2. お米は1合約150gなので、家族で食べる頻度を考え2〜3週間以内で食べきれる量を購入するといい。
お米は精米したときから酸化し始め味が落ちてしまうので品質が落ちない分量をこまめに買うのが良いそう。
【Q3】保管場所は?
A3. 密閉容器に入れて、冷蔵庫の野菜室が◎。
酸化を避けるため、お米の保管は温度が10~15℃の涼しい場所が最適とのこと。
【Q4】うまい洗い方は?
A4. 手早く3回ほど洗い、水が牛乳を薄めた程度に透き通ればOK。
精米技術が進んでいるので今は濁りが多少残っていても大丈夫なのだそう。
【Q5】水の量は?
A5.「新米は水分が多いため、水を少なくした方がいいといわれていますが、まずは炊飯器の目盛り通りに水を入れて炊いてみて、自分の好みに合わせて調整していくのが大切」
とのことです。是非参考にして美味しく新米を楽しみましょう。

新米のおいしく食べる方法 保管場所、洗い方、水の量は?|NEWSポストセブン新米のおいしく食べる方法 保管場所、洗い方、水の量は?|NEWSポストセブン