2020/10/30 13:22

東北では味噌汁に『アレ』をいれるのが常識「我が家でも定番」「大好き」の声

納豆

日本人の食事に欠かせない「味噌汁」ですが、入れる「具」も地域によって独特のものがあるようです。いまトピでは、こんなツイートを紹介しています。

『これ、東北では常識になるくらい美味しいんですが、試したことない方もしいたら是非試してみてください
納豆を味噌汁にぶちこんだ『納豆汁』納豆でとろみのついた味噌汁は本当に旨いんじゃ…超低糖質でヘルシーなのもポイントです!!』

この投稿を見た他のユーザーからは、「納豆汁は秋田の郷土料理です。汁物に納豆を入れたのは納豆のとろみで冷めにくくするため。具には豆腐や油揚げなどがたっぷり入った貴重なタンパク源であり、山菜などの保存食も多く、寒冷地で寒い冬を乗り越えるためのたくさんの知恵が詰まった一品なのですよ」「だんだん寒くなるこの季節にぴったりです。皆さんお楽しみくださいませ!」「納豆汁、我が家でも定番です。東北だけなんて知らなかったです」など様々な声が寄せられました。

東北の方はこぞって「寒くなると納豆汁が食べたくなる」とおっしゃっているように、俳句における冬の季語にもなっているそうです。確かに体が温まりそうですよね。
納豆汁を食べる地域では、納豆がペースト状になった納豆汁用の商品が販売されているとのこと。ちなみに秋田県や山形県の一部では、正月のお雑煮が納豆汁仕立てになる地域もあるそうです。 

東北では味噌汁に納豆をいれる「納豆汁」が常識→ネット民「我が家でも定番」「大好き」の声 - いまトピ東北では味噌汁に納豆をいれる「納豆汁」が常識→ネット民「我が家でも定番」「大好き」の声 - いまトピ

編集者:いまトピ編集部