2020/10/30 09:58

サバ缶を食べ過ぎると...「〇〇の逆効果になる」ゾッとする

鯖缶Amazon

ダイエットにも良いと言われているサバ缶ですが、実は、食べ過ぎによるデメリットもあるんだとか。サバ缶は、保存が利く栄養豊富な食べ物として注目されていますが、実は高カロリーなんです。なので、サバ缶の食べ過ぎはダイエットにNG!

サバ缶には、オメガ3脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)と、EPA(イコサペンタエン酸)という体に良い油も含まれているそうですが、過剰摂取による副作用もあるんだとか。EPAには中性脂肪や動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らす働きがあり、それが心筋梗塞や脳梗塞などの予防につながると医学的にも証明されていますが、過剰摂取により、吐き気や下痢、出血が止まりにくくなる症状が現れるなど、体への副作用もあるそうです。

抗酸化作用により、老化を防ぐ効能や、免疫力を高めてくれるセレンも含まれているサバ缶ですが、こちらも過剰摂取による副作用もあるんだとか。「爪の変形」「脱毛」「疲労感」「焦燥感」下痢や嘔吐などの「胃腸障害」など。酷くなると「神経障害」「心筋梗塞」「賢不全」「末梢神経障害」などの発症も招いてしまう可能性も否めません。

●サバ缶を食べる際のポイント
・サバ缶は「食べることで痩せられる」のではなく、「食べて痩せやすい体に近づける」。
・サバ缶のEPA・DHA、セレン、プリン体の過剰摂取による副作用。
・マグロやクジラ、深海魚の水銀摂取量に注意。
・サバ缶1缶で一日の3分の1近くの塩分を摂取。
・サバ缶の裏側にコーティングされているサビ防止剤が汁に溶け出す

是非、参考にしてみてくださいね。以上、シュフーズが伝えています。

サバ缶の食べ過ぎによるデメリット7つ!1日の摂取量はどの位? – シュフーズサバ缶の食べ過ぎによるデメリット7つ!1日の摂取量はどの位? – シュフーズ